ホーム WSDの独自技術 Dual Secure Socket Session

Dual Secure Socket Session

Dual Secure Socket Sessionとはインターネットアプリケーションを利用する際セキュアセッションを構成するための技術です。

インターネットを使っている際は情報はさまざまな方法で第三者に漏れる可能性があります。
漏れる原因の一つはセッションハイジャック攻撃です。
セッションハイジャック攻撃は第三者にブラウザのCookieを取得することで、ログインすることなしに対象のユーザー情報にアクセスすることが可能です。

Dual Secure Socket SessionはCookieのみに頼っているのでは無く、SSLのWebソケットでアプリケーションサーバと連携しています。
このため、Cookieが第三者に漏れたとしても、セッションハイジャックを防止することができます。
お客様にWebアプリケーションを安心して利用いただく一つの提案として提供します。