ホーム WSDの独自技術 Websocketでサーバプッシュを行う方法

Websocketでサーバプッシュを行う方法

Comet技術は、サーバで発生したイベントをクライアントからの要請なしにクライアントに送信するといった
通信を実現するための複数の手法をまとめた概念である。
これらの手法はブラウザにプラグインを追加することなく、(JavaScriptのような)デフォルトの機能で実現されるものである。
理論的にはCometは、ブラウザがデータを要求する形の既存のウェブのモデルとは異なっている。
実際はCometアプリケーションはAjaxとLong pollingを使用してサーバ上の新規データを取得している。
これに対して、Websocketを用いてサーバプッシュを行う方法を提案する。

<利点>

・従来のスタイルからの変更点を最小限で実現可能
・低レイテンシーの実現
・エラーを簡単に処理することが可能

従って、従来のCometのロング・ポーリングと比べ、WebSocketを用いた方法では簡単に
サーバプッシュ機能を追加することができます。