ホーム WSDの独自技術 DynamicDocumentFramework

DynamicDocumentFrameworkとは

ブラウザ側でダイナミックにページを生成

DynamicDocumentFramework

「DynamicDocumentFramework」とは、クライアントのブラウザで動的にページ生成表示するためのGUIフレームワークです。これは単なるスクリプトライブラリでは無く、プログラミングをする上で必要なコンテキストを提供します。その上でアプリケーションを構成する主なWidgetとしてSpreadがあります。完全なJavaScriptライブラリなのでアドオンが不要です。

ブラウザでダイナミックにページ生成を行うライブラリによりサーバ負荷を軽減し通信データ量を最小化

サービス提供者にとって、ユーザ数が多くなるにつれサーバやネットワークインフラへの投資や運用管理は大きな課題です。
DynamicDocumentFrameworkは、サーバ負荷軽減と通信データ量最小化により、サーバ台数や回線の太さを削減でき、より多くのユーザにサービスを提供できるWebサービスのしくみをご提供できます。


ソフトウエアの構成


サーバとブラウザのコードを同一言語(JavaScript)で開発することにより開発効率が向上

開発者にとって、一般的なWebアプリケーションは、サーバとブラウザでコードをそれぞれ違う言語で開発することにより、開発ロスが発生しやすい課題があります。同一言語(JavaScript)でシームレスな開発環境により、開発効率が向上しコスト抑制・短納期を実現できます。


Webアプリケーション開発に対する パラダイムシフトのポイント

リッチなユーザーインターフェースをWidgetにより提供ユーザーにとって、HTMLで記述された画面は業務用としては表現力が乏しく、DynamicDocumentFrameworkは、その弱点を克服する次世代のWebクライアントとして快適な業務アプリケーション利用を実現します。

例えばExcelライクなSpreadのユーザーインターフェース上で、マウスでセルを掴みドラッグ&ドロップなど、Webで使いやすい新たなユーザー利用環境を実現できます。

リッチなユーザーインターフェース
プロジェクト管理でのガントチャートをSpreadWidgetを利用して開発