ホーム 製品情報 P3Management

P3Managementとは

DynamicDocumentFrameworkによるアプリケーションUIコンポーネントです。
3つのPはPeople・Program・Projectであり人(People)を中心に、
「使いやすい道具(Program)で仕事(Project)の成功に貢献したい」という意味が込められています。

我々のマネジメント経験から、ユーザー視点に立った最も必要とされる機能を中心に開発をいたしました。

プロジェクト管理UIコンポーネント

P3Management for工程管理 2010年4月リリース
P3Management for原価管理 2010年4月リリース

弊社ではこのUIコンポーネントをベースに、Webアプリケーション開発を行います。
お気軽にお問い合わせください。

P3Managementプロジェクト管理システム開発

<製品概要>


プロジェクト一覧画面

卓越したユーザビリティを実現!
ガントチャートと管理会計が連動!

国際会計基準(IFRS)に準拠する工事進行基準適用のためには、見積もり精度を向上させるためのプロジェクト管理体制の強化 が不可欠であり、プロジェクト型での開発を進める企業にとって大きな経営課題となっています。
「P3Managementプロジェ クト管理システム」は、管理会計の側面から、利益を創造するための先読みを可能にするプロジェクト管理体制を実現するためのコアツールとして、プロジェクト進捗状況のリアルタイムな把握を支援します。

<製品コンセプト> プロジェクト管理能力

成長する企業でのプロジェクト管理は、研修で学んだ理論の実践のようなアマチュア的なものではありません。
積み上げた経験を元に蓄積される組織の中核となる企業の能力です。
経営者ののプロジェクト管理への熱意は、企業の目標の下「会社の全体でプロジェクトの共有を推進すること」を有効に支援することに示されます。
その結果としてプロジェクトは時間通りに、予算内で、顧客要件を満たし、成功に導かれます。

プロジェクト管理


工程管理画面

目標を達成しないか完全に失敗する技術プロジェクトは、ビジネスにとって犠牲の大きな問題です。
予算とリソースを浪費し予算達成と収益性に影響を与えずにプロジェクト管理や過剰な管理工数をかけない為には、十分な訓練が必要です。
多くの書物に述べられているように、プロジェクト管理はコミュニケーションの問題であり、純粋な学問ではありません。このため、その本質を習得する為には実践が必要です。

P3Management「プロジェクト管理システム」

このプロジェクト管理システムは実践によって裏打ちされたプロジェクトおよび工程管理方法によって導かれたものであり、
顧客がこれらの失敗のリスクと費用を避けることに役立ちます。
このシステムは、人とタスクの総合的な組み合わせを、ツールによってプロジェクトを視覚化し、
これまでより確かなものにすることによりチームプレーが強化されます。

P3Managementの機能

機能 メリット
タスク ロールによるタスクの分類によってプロジェクト開始時であっても作業分解が容易
工程 時系列での仕事の流れが明快になる
割当/指標 メンバーへのロールの割り当てが時間配分を含めて行える
原価 ロールとその原価の紐付けがされる